忍者ブログ
うちのおかんの暴言・名言集 +退職生活満喫中ののんきなおやじ!
[50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
高校2年生のころ

一年間の留学のため高校を休学し、一つ下の学年で戻ったものの、新しい学年の雰囲気にしっくりこず、微妙な気持ちで通学する日々が続いた

多分、クラスメイトの目にはそんな風に映っていなかっただろうけど、色々な複雑な思いがあって、実はあの頃は本当に毎日がつらくてつらくて仕方がなかった。 今考えると、あの時留学したおかげで友達もたくさんできたと思えるけど、当時はもう心が限界にきていて、ある日とうとう不覚にもおかんの前で

『学校がつらい』

と涙してしまった。




おかんの前で、しかも、いじめられっこのように、そんな台詞を吐きながら泣くなんて、うちにしてみたらよっぽどのことで後にも先にもなく、おかんも非常に心配しているのがよくわかった。


「そうなあ。留学って、“日本に帰ってきたら終わり”じゃないって、いうけど、こういうことなんやろな。  これも留学と思って乗り越えないかんのやわ、きっと。」



翌朝、おかんに一冊の本を手渡された。


「あんた、これ読んでみ」

ヘルマン・ヘッセの『車輪の下』だった。



読書嫌いなので、昔は本なんて全く読まなかったし、今考えると、こういうクサいシチュエーションで素直に、“うん”と受け入れるのは、なんかこっ恥ずかしいけど、その時は、そんな気持ちの余裕もなくて、何かこのつらさから抜け出せる手がかりになるのなら、と思って、

「わかった、読んでみるわ」

と素直に受け取った。



そして、2日かけて読み終えてみた。








??


え。



あまりのよくわからなさにびっくりした。







うちが行間を読めないだけなのか?

おかんがこの本でどう元気づけようとしてくれたのか、全く意味不明やった。



その後、感想を求められたわけでもなく、『何を伝えたかったん?』と聞いたわけでもなく、
そういえばいつの間にか、元気になっとったっけ?

まあ、1年以上かかったけど



“もう最近つらい・・・”と、身近な人が悩んでいるのを聞くと『車輪の下』を読んだことを思い出す。


読んだことを思い出すだけで、ストーリーは全く覚えていない。




あれは一体なんだったんでしょう。

また、いつの日か非常に苦しい日々が訪れたら、読んでみます
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
感動しちゃいました。。。
それは愛ですね。

かみ合うかどうかは、あまり関係なく、苦しんでいる娘に対して、おかんが精一杯考えてくれた。
おかんも悩んでくれた。

それが一番嬉しいことで、それが娘に伝わったのだと思うな。

実際、誰かが悩んでいる時に的確にアドバイス出来る人などそうそうはいないと思う。

ただ、自分の事を心配し、一緒に悩んでくれる人が自分にはいるんだ。と思える事が一番の力になるんじゃないかな。

朝から思わず涙してしまいました。
でも、なんかパワーをもらいました。


でも、その本読んでみたいね。
ロヘーリオ! 2008/07/28(Mon)11:23:59 編集
無題
読んでみようかな、車輪の下。
元々辛くなると本読む人間やけん、ちょうどよいかも。
キミコ 2008/07/28(Mon)20:35:49 編集
ありゃあ
まさか、感動話として受け止められると思わなかったのでびっくりです

うちの弱りっぷりにおかんも動揺して、本選び間違ったんじゃないかと思うくらい、「なんじゃこりゃ?」って感じた記憶がありますが、何か、それはそれで、我が家流かなあとも思います

よく分からなかったけど、一応思い出のある本だからずっと持ってます。


…と、思いきや実家に置いてきたようで…

とにかく我が家はユーモア第一で、感動的なやり取りはゼロですほんとーのほんとに。


でも、そのユーモアの中には人生を楽しむ秘訣みたいなのがいっぱい詰まっていて、それで今日までやってきたのかなーってつくづく思います。

だからあの時手渡された本が、例え『エースをねらえ!』とかでもきっとよかったんでしょーね。


つまりこうやって今、ネタにできることが大切なのです


まあ、本当はあの本には、ちゃんとメッセージがあったんだと思いますよ!
なんの 2008/07/29(Tue)00:42:35 編集
なので
ぜひとも中津さん。
読んだら感想を聞かせてほしい

謎解きだわ。
なんの 2008/07/29(Tue)00:44:49 編集
無題
この話しばりうけるw
わたしもこどもができたら本当意味のわからんことしてみたいw
ぱなのん 2008/08/04(Mon)15:26:01 編集
感想を書いてみる。
車輪の下の感想。

お母様が何を伝えたかったのかわからないけど、
「どんな状況であれ、自分を見失うことなく、
 確固たる芯をもって生きよ」
というようなメッセージを受けた気がします。

なんかさ、主人公と私がめちゃかぶって、
読んでいると先が怖くて怖くて。。
まぁ予想通りハッピーエンドじゃないわけだけど。
私は彼みたいにはなりたくないって思った。
人の期待とか失望とか、そんなんに左右されんで、
自分がこれ、と思うことをやり遂げたいと思いました。
キミコ 2008/08/19(Tue)09:33:04 編集
感想ありがとう
ふーむ。なるほど。
それでもあまり内容を思い出せないなあ…。
確かにどっちかというと暗いストーリーやった気がかすかにします。
いつかまた読んでみるかな。
なんの 2008/08/22(Fri)10:31:22 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 偉大なる母 HOME 実は >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[03/05 兄]
[11/24 なんの]
[11/24 さがら]
[08/23 妹]
[08/21 兄]
最新記事
(04/30)
(01/03)
(05/23)
(05/18)
(05/12)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
年齢:
34
性別:
女性
誕生日:
1983/03/23
自己紹介:
おかんの娘です。
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
お天気情報
忍者ブログ [PR]