忍者ブログ
うちのおかんの暴言・名言集 +退職生活満喫中ののんきなおやじ!
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大学卒業するまでの大体20年近く、実家だったので、ずっと親と暮らしていた。

父と母の関係、親と子の関係、兄と妹の関係。

どれも“そんなもんだ”と思って全く意識したり、深く考えたことはなかったけど、年を重ねるごとに自分の家族について他人に話す機会が増え、家族に関する色々なエピソードを話すと

『ひとはそこをつっこむのか

と、新鮮な気分になることがある。


今日は村の仲間たちとクリスマスパーティで、「改めて自己紹介をしよう」ということになったので、
“佐代子”という名前の由来について話した

うちの両親はお見合い結婚で、お父さんは、おかんが7回か8回目のお見合い相手だったらしい。
お父さん方のおばあちゃんは、おかんのひとつ前のお見合い相手を気に入っていたらしく、その人と
の結婚を進めたかったとか

結局、お父さんの気が乗らなかったのか、どうなのか知らないが、おかんとめでたくゴールイン

そんで、お兄ちゃんが生まれて、引き続きうちが生まれる。

お兄ちゃんの名前を決めたのもおばあちゃんだったらしいが、うちの“佐代子”という名前もおばあちゃんがつけたらしい。

ちなみに、この名前。

おかんのひとつ前にお見合いした、例のおばあちゃんが結婚させたかった女の名前らしい。


確か、小3のとき『自分の名前の由来を調べてこよう』という宿題がでて、その時に聞いたのだが

“こいつはネタになる”

と思いつつも、幼心に “このまま発表して、みんなにひかれても困るな”と思い、授業では

“姓名判断でよかったそうです”

と、適当に発表した覚えがある



と、この話をすると、大抵 

“えー、お母さんよくそれでよかったね。傷つくやろ、普通”

と、言われるが、そんなことはない。

20数年間で、一度も傷ついて涙するおかんの姿なぞ見たことがない。

そもそも、『傷つく』など、そんなやわな言葉が、おかんには似合わない。

むしろ、おかんに散々暴言を浴びせられるお父さんのほうが、傷つきどころ満載なはずなのだが、
その辺はもう、お父さんも麻痺してるので、ピアノを弾いたり、サルサを踊ったり、きゅうりを育てたり、
ウルトラのんきなお調子者のおじさんになっている


まあ、そんなこんなでうちの命名の時にも、スルッとおっけーを出したんじゃなかろうか。

おかんもばーちゃんに、『クロブタ』とかなんだのかんだの、散々けなされて育ったというが、うちも
けなされ放題で育てられた。

『ごめんなー。きれいな顔に生んでやれんで。

 あたしのほうがきれいで、ほんまごめんなー』

というのは代々、母から娘に伝えられてるよーだ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[03/05 兄]
[11/24 なんの]
[11/24 さがら]
[08/23 妹]
[08/21 兄]
最新記事
(04/30)
(01/03)
(05/23)
(05/18)
(05/12)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
年齢:
34
性別:
女性
誕生日:
1983/03/23
自己紹介:
おかんの娘です。
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
お天気情報
忍者ブログ [PR]